離婚を回避する方法

日本は世界でもトップを争うほどの離婚大国と言われており、結婚したカップルの三組に一組が、夫婦関係を解消しているという統計が出ているようです。縁あって出会い惹かれあい結ばれても、長く生活を共にしていくと、出会った当初のような新鮮さはなくなり、家族としての甘えからか、いつしか相手に対する配慮や思いやりも薄れて行くと、些細な問題で衝突や諍いが起こるようになり、いつしか相手を疎ましく感じてしまう時もあるでしょう。
                                              }PgžxQ                                              

人は誰しも環境に慣れていく習性があるので、ある程度は仕方のないことですが、配偶者との間に隙間風のようなものを感じ始めたら、そこでもういいやと断ち切るのではなく、関係修復に向けての努力を行うことを忘れてはいけません。二人の間に子供が生まれているのであればなおさら危機は回避しなければならず、相手が変わらないからと諦めないで、少し角度を変えてパートナーを見てみる努力をしましょう。人との絆は簡単に断ち切るものではありません。ましてや家族は最も大切なもので、他人である夫婦も米粒ほどの奇跡の巡り会わせの中で出会えたという気持ちを忘れてはいけません。言葉に出して話し合い、あらゆる努力を行ってからのちに判断すればよいのです。

コメントを受け付けておりません。