海外と日本における結婚制度の相違について

結婚の定義については国によって解釈も様々でヨーロッパでは事実婚を認めている国も多ければ、一夫多妻制の国も有りますが日本では婚姻届と言う書類を市区役所に提出し受理してもらう事によって初めて事実上の婚姻関係が成立し、家によってはそれまでの間に結納も有る家も有りますので、他国と比較しても制度は複雑とも言えます。

それに書類上婚姻関係にある状態で他の異性との婚姻関係を結ぶ重婚は日本では基本的に違法行為になり禁止されていますが、国によっては二重国籍を認めている国も有りますので結婚制度についての解釈は本当にその国によって様々で、日本では法律で定められている婚姻関係とは戸籍を共にし住民票を共にし生活を共にする者とあります。
}PgžxQ                                                                                            
日本では違う異性と結婚したい時は現在婚姻関係にある異性との間に離婚と言う形で離婚届を市区役所に提出し、受理してもらう事で初めて書類上でも再婚する事が出来ますが、一夫多妻制の国では結婚していても同時に他の異性との結婚が認められている国も有れば、フランスみたいに一緒に暮らしてみて自分の将来をイメージできる相手を見つける事実婚を重視する国も有ります。

日本の制度の弊害として有るのが書類に縛られるばかりに、シングルマザーの地位が低く見られる事と戸籍の無い子供の社会での扱いが現在問題点になっていますが、これらの問題は現在の日本制度の縛りの多さが産み出した副産物とも言えるでしょう

コメントを受け付けておりません。