外国人元配偶者の在留資格について

外国人と結婚して日本で居住するとき、配偶者である外国人は、たいていの場合、在留資格「日本人の配偶者等」を申請します。この在留資格には就労制限がありませんので、自由に仕事を選ぶことができます。この資格を取得・更新するには、日本人との婚姻生活を円満に継続している必要があります。ですから、もし離婚した場合には、この資格を更新することはできなくなります。
外国人元配偶者が、離婚後も引き続き日本での滞在を望む場合には、在留資格の変更を申請します。しかし、これらの変更には、この外国人本人が安定した生活を営んでいることが条件になり、外国人の就労環境などを考えると、日本人配偶者と共同で生活を営んでいたときに比べて、審査の条件は厳しくなると考えられます。
                                                                                            

婚姻関係を解消したものの、近くに住み、助け合いながら子育てをしている家庭もあると思いますが、これを望んでも、実現できない外国人がいるのは、酷なことかもしれません。しかし「日本人の配偶者等」には、就労制限がないうえ、永住許可の申請条件が他に比べて緩いこともあり、これらを利用して不当な行為をする者がいることも事実です。
国際結婚が珍しくない今、不当行為を防ぐことはもちろんですが、正当な理由で滞在を希望する外国人にとって、思いやりのある制度であってほしいと願います。

コメントを受け付けておりません。