相手の親族が離婚に賛成のケース

なんとか離婚を回避したいあなたにとって、とても重要なキーパーソンとなるのは相手の親族です。離婚に賛成の立場を取られる前に自分の味方にしてしまう方が良いでしょう。今まであまり親戚付き合いをしてこなかった場合でも、積極的にコンタクトを取り、印象を改善することが大切です。
まず、あなたは夫婦関係を回復させるために努力しているということをどんどんアピールしてください。
                                              }PgžxQ                                              

ただし、いかにもアピールしているような態度は逆効果なので気を付けましょう。具体的には、まず顔を合わせる機会を増やしましょう。肝心なのは、決して配偶者の悪口を言わないこと。愚痴めいた物言いもNGだと覚えておきましょう。自分を反省し、努力を続ける健気な姿を印象付けるのです。
例えば、お菓子を出されたら、配偶者のために嬉しそうに持ち帰るのです。また、天候が変われば傘を届けたい・または迎えに行きたいのでそろそろ失礼します、と帰り支度をはじめる、といった風にです。子供がいる場合には、子供に話しかけるときに配偶者のことをさりげなく褒めます。
そして、重要なことは、配偶者に対しても同じように接することです。外に向けてだけいいことを言うのではなく、回復のための努力を本当に続けていくことも、もちろん必要なことです。

コメントを受け付けておりません。